« チリ地震の津波 | トップページ | 中学校最後の理科授業を考える »

2010年3月 1日 (月)

バンクーバー冬季五輪メダル獲得数総括

バンクーバー冬季五輪が閉幕しました。

約2週間に渡る選手たちの熱い戦いの中で、たくさんのドラマや感動を私たちに与えてくれました。
日本選手のメダル獲得数を開幕時に予想しました。
今思うと、たくさんの期待があって9個のメダルが取れると甘く予想してました。
現実はあともう少しなのに、という場面が多く、残念でなりません。

スキージャンプ…予想は銅メダル1個→結果は0個
個人がダメなら団体で3位くらいは…と予想しましたが、2本とも大ジャンプを飛ぶというのは難しいですね。

スキー複合…予想は銅メダル1個→結果は0個
飛翔よりも距離が強いチームだという情報でしたが、欧米人の体力には勝てませんでした。

スキーフリースタイル(モーグル…予想は銀メダル1個→結果は0個
上村選手に期待していましたが、惜しくも4位でした。非常に残念です。上村選手の「何で一歩一歩なんだろう」という言葉が印象的でした。

スノーボード…予想は銅メダル1個→結果は0個
青野選手か国母選手に期待していましたが、残念でした。ふたを開けてみたらアメリカの選手の方が凄い技を持っていました。国母選手は服装問題があったから、逆に競技でメダルを取ってもらいたかった。

スピードスケート…予想は銀メダル1個→結果は銀メダル2個銅メダル1個
よく頑張りました。でもあともう少しで、金メダル2個も夢ではなかった。それほど僅差の勝負でした。女子のパシュートは0.02秒差で惜しくも銀メダルだったので、この次は金メダルを取って欲しい。

ショートトラック…予想は銅メダル1個→結果は0個
昔は強かったのに、韓国と中国のお家芸になってしまった。

フィギュアスケート…予想は金メダル1個、銀メダル1個、銅メダル1個→結果は銀メダル1個銅メダル1個
浅田選手残念でした。トリプルアクセルを3回も決めたのに評価点が低かったのにはがっかりしました。高橋選手もよく頑張りました。4回転をミスしたのに冷静でした。残念だったのは安藤選手です。3位くらいは入れるかなと思っていました。

予想は合計9個(金1,銀3,銅5)→結果は合計5個(金0,銀3,銅2)でした。

|

« チリ地震の津波 | トップページ | 中学校最後の理科授業を考える »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85841/47701903

この記事へのトラックバック一覧です: バンクーバー冬季五輪メダル獲得数総括:

« チリ地震の津波 | トップページ | 中学校最後の理科授業を考える »