« 水産高校創立60周年記念式典 | トップページ | またまた年に1回の腹痛 »

2013年10月26日 (土)

日本シリーズは巨人が先勝

日本プロ野球の日本シリーズを興味深くテレビ観戦しました。

私は、セ・リーグでは巨人ファンです。
パ・リーグは地元ソフトバンクを応援するので、今回日本シリーズは巨人を応援しています。

原監督が言ってたけど、巨人は昨年よりも今年の方が強いって。
連続勝利投手の世界記録を打ち立てた楽天の田中投手と巨人の重量打線との対決が見ものです。

でも今日の先発は、楽天はルーキーの則本投手だった。
楽天からすれば、則本投手もいいので、これで巨人打線の様子を窺えば、次に投げる田中投手の投球のヒントになると思ったのかな。
あわよくば、則本投手で勝ちになれば、第2戦は田中投手で2連勝も考えられ、非常に楽になるはずです。
でも結果、第1戦はそうにはなりませんでした。

2対0で巨人が勝ったけど、点数以上に面白い見応えのある試合でした。
投手戦が続き、回が増すごとにどちらが先制するかドキドキでした。
5回に長野選手のタイムリーで、巨人が先制しました。
この前に、3塁ランナーの坂本選手が、セカンドゴロでホームに突っ込んでアウトになったのは残念でしたが、先制点が欲しい場面で仕方なかったのかもしれません。
8回にチームを楽にする村田選手のソロホームランが飛び出し、巨人は必勝パターンになってきました。
大きかったのは、8回裏の楽天の攻撃で、2死1,2塁で松井選手が放った大きなフライを巨人の亀井選手がフェンスにぶつかりながらもジャンプしてつかんだ超ファインプレーです。
あれが長打になっていたら、あっという間の同点になっていました。
亀井選手は5回に先制点をもたらすお膳立ての2塁打を放ってくれたし、今日のMVPは巨人の亀井選手ではないかと思います。
内海投手も、その後のマシソン、山口、西村投手もピンチはあったけどよく押さえて、完封リレーをしました。

これで次の第2戦がますます見応えのあるものになると思います。

|

« 水産高校創立60周年記念式典 | トップページ | またまた年に1回の腹痛 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85841/58461949

この記事へのトラックバック一覧です: 日本シリーズは巨人が先勝:

« 水産高校創立60周年記念式典 | トップページ | またまた年に1回の腹痛 »