« 理科サークルH25年度2月例会 | トップページ | H25年度中教研理科事業報告 »

2014年2月25日 (火)

ソチ冬季五輪メダル獲得数総括

ソチ冬季五輪が閉幕しました。

18日間に渡る選手たちの熱い戦いの中で、たくさんのドラマや感動を私たちに与えてくれました。
日本選手のメダル獲得数を開幕時に予想しました。
今思うと、たくさんの期待があって10個のメダルが取れると予想してました。
現実はあともう少しなのに、という場面が多く、非常に残念でなりません。

スキージャンプ…予想は金メダル1個→結果は銀メダル1個、銅メダル1個
この五輪で日本のお家芸が復活しました。ただ、初めて女子の種目が始まり、高梨選手の金メダルを予想していましたが、もう少しのところでメダルを逃してしまいました。まだ若いし、次の五輪に期待します。

スキー複合…予想は銅メダル1個→結果は銀メダル1個
団体では、飛翔がもう少しあれば、メダルも可能性があったと思いますが、残念でした。でも、この種目も日本の強さが復活し、嬉しいです。

スキーフリースタイル(モーグル…予想は銅メダル1個→結果は0個
上村選手に期待していましたが、惜しくも4位でした。非常に残念です。バンクーバーでの上村選手の「何で一歩一歩なんだろう」という言葉が印象的で、それなら今回一歩上がって銅メダルだと思っていましたが…、最後に滑ったアメリカの選手(銅メダルを獲得した)より上村選手の方が良かったと思うけどなあ。

スキーフリースタイル(ハーフパイプ予想はメダル0個→結果は銅メダル1個
思いもかけず、小野塚選手がやってくれました。見事大技を決めてメダルを獲得しました。

スノーボード…予想は銀メダル1個→結果は銀メダル2個、銅メダル1個
これは予想以上に凄かった。男子2個、女子1個のメダルが獲れました。平野選手は若干15歳ですが、期待していました。アメリカのショーン選手を破るのは、平野選手と思っていました。ただ、破れるかどうかわからないので銀メダル1個の予想でしたが、他の選手もやってくれました。

スピードスケート…予想は金メダル1個、銀メダル1個→結果は0個
よく頑張りましたが、メダルまで届きませんでした。今回は国技にもなっているというオランダが強かった。女子のパシュートは、前回惜しくも0.02秒差で銀メダルだったから、あと1回勝ってメダルを手にしてもらいたかった。

ショートトラック…予想は銅メダル1個→結果は0個
昔は日本も強かったのに、韓国のお家芸になってしまった。

フィギュアスケート…予想は金メダル2個、銅メダル1個→結果は金メダル1個
羽生選手が、見事初出場で金メダルを獲得しました。堂々とした演技だったし、その後のインタビューもしっかり答えていました。浅田選手は6位で残念でした。トリプルアクセルをフリーでは決めたのに、ショートプログラムで緊張したのか失敗の連続で16位スタートでした。フリーで素晴らしい演技ができたので本人は満足しているようですが、非常にもったいない結果でした。できれば今回メダル、しかも金メダルを獲ってもらいたかった。評価点が低かったのにはがっかりしました。高橋選手も町田選手も入賞してよく頑張りました。

予想は合計10個(4,2,4)→結果は合計8個(1,4,3)でした。
でもこの結果は、長野五輪の10個に次ぐ、史上2位の記録だそうです。
選手のみなさんよく頑張ってくれました。

|

« 理科サークルH25年度2月例会 | トップページ | H25年度中教研理科事業報告 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85841/59227001

この記事へのトラックバック一覧です: ソチ冬季五輪メダル獲得数総括:

« 理科サークルH25年度2月例会 | トップページ | H25年度中教研理科事業報告 »