« 市CSフォーラム | トップページ | STOP!飲酒運転 »

2014年8月24日 (日)

全日本女子バレーWGP銀

今日は、バレーボール女子ワールドグランプリの最終日だった。

今日の最終戦で、日本はブラジルとの対戦で勝てば金メダルを獲得し、負けてもフルセットに持ち込めば金という有利な立場で迎えた。
しかし、結果は1セットも取ることなく、0-3で負けてしまった。
でも胸を張って銀メダルを獲得した。
しかも新しい戦術のハイブリッド6が機能し、トルコ、中国、ベルギーには3-0で勝った。
このハイブリッド6で、得点の取れるウイングスパイカーを4~5人入れ、今までミドルブロッカーを入れていたポジションもウイングスパイカーを入れ、バックアタックも含めた複数の攻撃パターンが作れる戦術を試みた。
相手のブロッカーをかく乱させ、枚数を減らすために、今まではセッターから供給するトスのスピードを上げることのほうが重視されてきたが、トス自体を速くしなくても、複数のアタッカーがさまざまな場所から同時に攻撃へ入れば、相手のブロッカーはどこから攻撃が仕掛けられるのか分からず、動きがワンテンポ遅くなる。
そういう方式の攻撃に転換したというわけだ。
セッターも宮下という若くて背の高い、ブロックができる選手を入れた。

でも、これは少し前の中学生のバレーのポジションのような気がする。
今でさえ、センタープレーヤーは、クイックやブロック中心に攻撃するが、私が中学生の頃はセッターがセンターポジションから右と左にトスを散らして上げていた。
バックアタックはなかったが、その感じに似ているような気がする。

とにかく世界初の戦術ということで、リオ五輪を目指してさらに進化させてもらいたい。
進化は、バックアタックを含めたセンター攻撃をどれだけからめてコンビネーションを作るかにかかっていると思う。

|

« 市CSフォーラム | トップページ | STOP!飲酒運転 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85841/60213731

この記事へのトラックバック一覧です: 全日本女子バレーWGP銀:

« 市CSフォーラム | トップページ | STOP!飲酒運転 »