« 上の娘の高校卒業式 | トップページ | 1300記事達成 »

2015年3月 2日 (月)

小田勝美氏サイン色紙

小田勝美氏からサインを色紙に書いてもらった。

近くの公民館で、大人の教養講座として招かれた小田勝美氏の講演を聴いた。
小田勝美氏は、18歳でバレーボールを始めたが、その身長とたぐいまれなジャンプ力で、すぐに頭角を現し、新日鐵のバレーボール選手として、また全日本男子の代表選手として活躍した。
田中幹保選手とともに、日本リーグでは1973年から始まった新日鐵の4連覇、3連覇の立役者としてチームを牽引し、ベスト6にも8回選ばれている。
モントリオールオリンピックにも出場した経験を持つ。

今は、堺ブレーザーズの部長として、また全日本男子ナショナルチームのコーチとして、リオオリンピック目指して選手を鍛え上げている。

その小田勝美氏の講演は面白かった。
時間があっという間に過ぎた。
特に面白かったのは、若い時に先輩から白井貴子と結婚してみないかと言われたところだった。
身長が高い者同士が結婚したら、きっと身長の高い子が生まれ、バレーボール選手にしたらいいということだった。
P1130822今年の4月には、ナショナルチームの選手に両親と祖父母の身長がどれだけあったか調査アンケートを取るそうだ。

講演が終わって、色紙にサインを書いてもらった。
自分用と学校用そして我が校の女子バレー部用に3枚書いてもらった。
女子バレー部用は、今日女子バレー部顧問の先生に手渡した。
部室に飾るそうだ。

やっぱり一流の人の話を聴くのは、おもしろいし、これからの人生の糧になる。

|

« 上の娘の高校卒業式 | トップページ | 1300記事達成 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85841/61251718

この記事へのトラックバック一覧です: 小田勝美氏サイン色紙:

« 上の娘の高校卒業式 | トップページ | 1300記事達成 »