« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月の13件の記事

2016年8月30日 (火)

小学校夏休み明け

夏休みが終わり、今日から学校再開です。
 
夏休みは、中学校みたいに部活動の大会応援はないものの、意外と忙しい毎日でした。
特に研修が多くて、その出張や資料作りなどが忙しかったです。
小学校と中学校のサイクルが違うことを実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月28日 (日)

H28年夏の購入本

今年も夏の終わりに、福岡市天神のジュンク堂書店で本を購入しました。

今年も公立学校共済組合から書籍購入券7000円分をいただきました。
その購入期限が8月31日までで、夏休み中には7000円分の本の購入をしなければ、ただの紙切れになってしまいます。

今年は8月初めに一度、3500円分の半分を使い、今日残りの半分を使いました。
どうしても、理科や科学の本に目が向いてしまいます。
P1170155購入したのは、「合格論文対策集」と「RikaTan」「理科教室」の本です。理科の本も小学生目線の科学ということで、この本を購入しています。
また、マイブームの記念貨幣のことが載っている「日本貨幣カタログ」を買いました。

今年は、これと言って買いたい本が見つかりませんでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月27日 (土)

体育館床のワックスはがし

夏休み最後の土曜日の午前中は、PTA作業でワックスはがしを行った。

普通、この時期、PTA作業は運動場の草刈りを行うのだが、草刈り作業はシルバー人材センターに任せて、今年は体育館の床のワックスはがしを行った。
本来、市教委が学校施設に関しては、予算を取って修繕を行うのだが、何せお金がない。
いつまで待っても予算が取れないので、ワックスはがしは行われない。
今、体育館の床はワックスがはがれて、体育館で転んだりしたら、落ちているワックスの破片でけがをしてしまうかもしれない。
それで仕方なく、PTAの力を借りて、この作業をしてもらうことになった。
道具は金へらだが、なければパウチした紙でもよい。
要するに、はがれたワックスの隙間に薄いへらか紙が入れば、後はググって押しさえすればスルスルとはがれていく。
作業自体は、草刈り作業よりも面白い。
でも、約60名が体育館に広がってこの作業を1時間半かけてやってもらったが、体育館の面積の半分も終わらなかった。
また次の時にしてもらうしかない。
体育館がきちんと整備されるのはいつのことやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

リオ五輪メダル獲得総括

8月5日から21日までの17日間で、熱い戦いと感動を呼んだリオオリンピックが終わりました。
日本のメダル獲得数は、前回のロンドンオリンピックを超える41個でした。
これは、過去最高の獲得数で、初めてメダルを獲得できた競技もありました。
日本代表の選手の皆さん、お疲れさまでした。
そして、メダルを獲得された選手、監督、コーチ、その他のスタッフの皆さん、おめでとうございます。
さて、私がオリンピックが始まる前に予想したメダル獲得について、総括したいと思います。
私は、金メダル14個銀メダル8個銅メダル27個の合計49個の獲得を予想しましたが、結果は、金メダル12個銀メダル8個銅メダル21個で、合計数でもそれを下回ってしまいました。
ただ、銀メダル数だけはピタリと合っています。
競技別に総括していきます。
×陸上…予想3個(銀1個銅2個)→結果2個(銀1個銅1個)。
女子マラソンで、男子50㎞競歩と男子400mリレーでと予想していました。
ピタリと男子50㎞競歩が当たりました。
それに男子400mリレーは、日本のバトンパスの技術が素晴らしく、金メダルのジャマイカに迫る記録でした。
マラソンは、福士選手に期待していましたが、ここ最近は男女とも低迷してしまいました。
◎水泳…予想7個(金2個銀2個銅3個)→結果7個(金2個銀2個銅3個)。
入江選手がメダルが獲れなかったのは残念でしたが、萩野選手や瀬戸選手、金藤選手、星選手が頑張ってくれました。
予想では、シンクラナイズドスイミングも水泳に入れていましたので、総括では競技を別にして総括したいと思います。
◎テニス…予想1個(銅1個)→結果1個(銅1個)。
これもピタリと当たりました。
錦織選手、メダル獲得おめでとう。
×ボクシング…予想1個(銅1個)→結果0個。
ライト級60㎏の成松選手に期待していましたが、2回戦で敗れてしまいました。
×体操…予想6個(金4個銀1個銅1個)→結果3個(金2個銅1個)。
もっと個人種目別でメダルが獲れると思っていましたが、予選の調子が悪くて、思いの他決勝に進める選手が多くありませんでした。
でも、男子団体と内村選手の個人総合が金メダルを獲れて良かったです。
女子団体は、4位とメダルにあと一歩届かず残念でした。
×トランポリン…予想1個(銅1個)→結果0個。
伊藤選手に期待していましたが、決勝では6位でした。
同じ決勝で、棟朝選手が健闘しましたが、4位でメダルに届きませんでした。
〇レスリング…予想4個(金3個銅1個)→結果7個(金4個銀3個)。
予想以上の成績を残してくれました。
しかし、吉田選手の4連覇が叶いませんでした。
伊調選手は4連覇、登坂選手、川井選手、土性選手も金メダルを獲ることができました。
男子も太田選手、樋口選手が銀メダルを獲りました。
×セーリング…予想1個(銅1個)→結果0個。
女子49erFX級に期待していましたが振るわず、メダルレースに進んだのは女子470級の吉田、吉岡選手でした。
しかし、7位に終わってしまいました。
◎ウエイトリフティング…予想1個(銅1個)→結果1個(銅1個)。
予想がピタリと当たって、48㎏級の三宅選手が銅メダルを獲りました。
三宅選手は、2大会連続でメダルを獲りました。
バーベルを持ち上げた後、最後にバーベルにキスをしたのが印象的でした。
◎卓球…予想3個(銀1個銅2個)→結果3個(銀1個銅2個)。
これもピタリと予想が当たりました。
男子卓球は、水谷選手の活躍でシングルスで、男子団体でも銀メダルを獲得しました。
女子団体は、銅メダル獲得で2大会連続のメダル獲得となりました。
×フェンシング…予想1個(銅1個)→結果0個。
太田選手が初戦で敗れる波乱が起こり、この種目で3大会連続のメダルは獲れませんでした。
〇柔道…予想10個(金4個銀2個銅4個)→結果12個(金3個銀1個銅8個)。
前回大会よりメダルはたくさん獲れました。
期待していた男子の海老沼選手、羽賀選手、女子の中村選手、松本選手が金メダルを獲れなくて残念でした。
大野選手、ベイカー茉秋選手、田知本選手、金メダル獲得おめでとう。
×バドミントン…予想2個(金1個銀1個)→結果2個(金1個銅1個)。
期待していた通り、女子のダブルスとシングルスでメダルを獲得してくれた。
女子ダブルスの松友選手、高橋選手は、日本バドミントン界初の金メダルをもたらしてくれた。
女子シングルスの奥原選手もよく頑張ったが、準々決勝で奥原選手と山口選手が対戦したのは、日本人選手同士でもったいなかった。
また、混合ダブルスの数野選手、栗原選手もよく頑張ったが、準々決勝で敗れてしまってメダル獲得できなかった。
栗原選手は、福岡県出身でもあるし、東京オリンピック目指して頑張ってほしい。
×射撃…予想1個(銅1個)→結果0個。
女子の中山選手に期待していたが、振るわなかった。
×ラグビー…予想2個(銅2個)→結果0個。
男女とも銅メダル獲得を予想していたが、女子は10位、男子は4位で、惜しくもメダルを逃した。
×アーチェリー…予想2個(銅2個)→結果0個。
古川選手、女子団体ともに準々決勝で敗退し、メダル獲得はなりませんでした。
×ゴルフ…予想1個(銅1個)→結果0個。
女子の野村選手が、最終日猛チャージを見せましたが、惜しくも1打差で4位タイに終わり、メダル獲得はなりませんでした。
×テコンドー…予想1個(銅1個)→結果0個。
期待していた女子57㎏級の浜田選手は、準々決勝で敗れ、メダル獲得はなりませんでした。
〇シンクロナイズドスイミング…予想1個(銅1個)→結果2個(銅2個)。
名門復活。団体とデュエットで銅メダルを獲りました。
1日12時間以上水の中にいるハードな練習が実を結びました。
□カヌー…予想0個→結果1個(銅1個)。
世界とはまだ差があると思っていたカヌー競技で、羽根田選手が銅メダルを獲得しました。
日本カヌー界で初めてのメダル獲得です。
一躍、カヌー競技に注目が集まりました。
他に日本選手が出場した種目は、メダル獲得予想をしていませんでした。
期待が集まっていたサッカーも予選で1勝1敗1引き分けで、決勝トーナメントに進めませんでした。
バレーボールは、女子が予選の初戦で韓国に逆転負けをし、予選2勝3敗で辛くも決勝トーナメントに進みましたが、アメリカに準々決勝でストレート負けし、メダル獲得はなりませんでした。
セッターを変えると、チーム作りに時間がかかり、日本特有の速い攻撃ができませんでした。
バスケットボール→女子は快進撃で、予選は3勝2敗で決勝トーナメントに進みましたが、準々決勝で同じくアメリカに敗れ、メダル獲得はなりませんでした。
ボート→男女とも敗者復活戦で残りましたが、メダル獲得できませんでした。
ホッケー→女子は、予選4敗1引き分けで、決勝トーナメントに進めませんでした。
自転車→すべての種目で振るいませんでした。
馬術→入賞を逃しました。
近代五種→入賞を逃しました。
トライアスロン→女子最高位は、佐藤選手の15位でした。
新体操→注目を集めましたが、決勝進出し、8位でした。
オープンウォーター→男子の平井選手が、銅メダルの選手と2秒差の8位でした。

今回の予想は、個人競技でピタリとあてたものが多数ありました。
陸上50㎞競歩の新井選手の銅メダル、シンクロナイズドスイミング団体の銅メダル、テニスの錦織選手の銅メダル、体操男子団体の金メダル、体操男子の内村選手の個人総合金メダル、レスリング女子の伊調選手、登坂選手の金メダル、ウエイトリフティング女子の三宅選手の銅メダル、柔道男子の高藤選手の銅メダル、原沢選手の銀メダル、バドミントン女子ダブルスの金メダルと11種目ありました。
反面、銅メダルを予想した競技種目の多く(例えば、トランポリン、ボクシング、セーリング、フェンシング、射撃、アーチェリー、ゴルフ、テコンドーなど)は、残念ながらメダル獲得まで行きつかないことが多く、そこで大きく予想を外してしまいました。
日本は、体の大きさや筋力で外国人選手にはかないません。
でも団体やペアになると、技術の面でそれをカバーし、いい結果を残しています。
41個のメダルのうち、8種目を団体やペアで獲っています。
日本の反対側に位置するブラジルのリオデジャネイロに、東日本大震災から立ち直ろうとする日本の絆や協力が声援となって、オリンピック選手一人ひとりに届いたのではないかと思います。
そして、一生懸命に競技する姿は、大きな感動を私たちにくれました。
4年後は、東京オリンピックです。
私が1歳の時の1964年以来、実に56年ぶりの日本開催です。
間近かに感じられる分、子供たちをはじめ、日本や世界に感動を与えられる東京オリンピックになってほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月17日 (水)

ふくおかFG1万株売却

ふくおかFG株を1万株売却しました。
この頃、ふくおかFGの株が強含みで、少しずつ騰がってきました。
今までで一番高く買っていた1万株は、ついに値が乗ったので売却しました。
買った値段は、396円でした。
それが、今日415円で売ることができました。
単純計算して、415円-396円=19円。
19円×1万株=19万円。
手数料を引かれたとしても、手数料が約4万円なので、15万円はプラスになったということです。
また、9月末の権利確定までは、下がる場面もあるだろうから、その時また買います。
そうして、ちょこちょこと利益確定して、資産を少しずつ増やしていけたらいいなと思います。
ここ最近、中国の経済低下やガソリンの安値、円高などで、ずっと株の値も落ちてきたから、挽回しなければいけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月16日 (火)

東山魁夷展

家族で、「東山魁夷展」が開催されている九州国立博物館に行ってきました。
 
日本画の大家である「東山魁夷」の描いた白い馬の絵を知ってるだろうか。
私は、教科書で見た記憶があるが、どうやら私の中学・高校時代ではないようだ。
P1170139その絵は、緑の森を背景に白い馬が湖のほとりを歩いている姿を描写している。
白い馬の姿は湖の水面に映っている。
もちろん緑の森の背景も。
その白と緑のコントラストが印象的で、記憶に残る絵だ。
この絵は、1982年に制作している。
だから、私が教師になってから、国語か何かの教科の教科書で見たものと思われる。
私が教えている理科の教科書には、この絵は載っているはずはないからだ。

また、緑の他に青い色も印象的だ。
P1170140唐招提寺のふすまに描かれた日本の海の絵は、吸い込まれそうな青い色で、私自身とても好きな青だ。
他に岩と白い波と岩にしがみつくように生えている松が描かれてある。
唐招提寺を建てた鑑真のために、東山魁夷は日本の海と鑑真の故郷の中国の景色を描いている。

P1170141

これらが、東山魁夷の作品の中にあるとは、知らなかった。
東山魁夷の静かな絵は、時にこれからの人生を思わせる。
道はその最たるものだ。
美術展には、今まで何回か行ったが、これほど感銘を受け、好印象の絵を描いた東山魁夷を尊敬する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月15日 (月)

下関海響館と門司港レトロ

今年の夏は、家族の一泊旅行ができなかったので、日帰りで下関と門司港に行ってきました。
 
高速道路を使って、一気に下関へ。
まずは、下関にある水族館「海響館」に行きました。

P1160639P1160656_220数年前に「海響館」を訪れたことがありますが、その時はこんな水族館にたくさんの人が来るはずはないという感じの水族館でした。

P1160657b_2

特にクジラ館は、見せるための標本はバラバラで、崩れたものもありました。

貴重なクジラの骨格標本もただつながっているだけの何の説明もないものでした。
でも今、「海響館」はリニューアルされて、見せる水族館に変貌を遂げました。
関門海峡の潮の激しい流れやペンギン館は見応えがありました。

P1160659

次に門司港に行き、門司港で有名な焼きカレーを食べました。
チーズが融けて抜群においしかったです。

それから、「九州鉄道記念館」に行きました。
蒸気機関車や特急列車の展示もしてありました。

P1160668

P1160663

また、昔の固い切符やダイヤグラム、レールまでいろいろな懐かしさを感じるものがありました。
「九州鉄道記念館」なので、現在よく見かける特急列車なども映像で見ることができ、親しみも感じました。

P1160665b

ジオラマの列車も走っている展示があり、ずっと見ていても飽きませんでした。
もっとじっくり見たいと思いました。

最後に、「門司港レトロ海峡ドラマシップ」に行きました。
昭和の初期の懐かしい風景が、全体の展示になっています。
街角には、バナナのたたき売りや絵売りなどが並んでいます。

P1160673

かつて北九州市内を走っていた路面電車も展示してありました。
そして、展望階には関門海峡を見渡せる広い窓がついていて、船が走っているのが見えます。
もちろん、海峡の向こう側の下関も見えます。
門司港は、結婚前に、妻と一度デートに来たところです。
その時とは、回ったところは違いましたが、久し振りに来て、随分変わったところと変わらないところがありました。
門司港駅自体は、今改修が進んでいて、新しい駅ができるのが待ち遠しいです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月14日 (日)

卒業後25年ぶりの再会

教え子の同窓会に参加しました。
 
教え子は、今から25年前の平成4年に中学校を卒業した生徒たちです。
その生徒たちも四半世紀経って、40歳になりました。
幹事に聞いてみると、約80名くらい参加したそうです。
卒業以来という懐かしい顔もありました。
この同窓会に行く前に、卒業アルバムで少し復習していたので、顔と名前がだいたい一致して、懐かしい思い出がよみがえってきました。
 
この代の卒業生たちは、中学時代は問題行動が多く、毎晩生徒指導や保護者召喚で帰りが遅かったことが第一の印象です。
問題行動は、ありとあらゆることを仕出かしていました。
例えば、給食のまだ飲んでいない牛乳パックを廊下の壁や窓や床にぶつけたり、自転車を2階まで上げて廊下で二人乗りしたり、拾ってきた自転車を屋上から落としたり…、大変でした。
それでも卒業の時は寂しかった。
たまに会う卒業生は、中学時代とは違って、きちんと敬語で話ができる青年になっていたし、今回の同窓会も私に相談するために、真っ先に私の赴任校まで会いに来てくれた。
私のクラスの卒業生の参加は、7名だけだったが、近況報告や懐かしい思い出話に花が咲いた。
卒業生だけでなく、その時、同学年所属で、もう退職された先生方とも会って話をする機会があったことは嬉しかった。
40歳にもなれば、新しい家族を作り、仕事に邁進し、幸せな生活をしている者も多かった。
そしてその多くは、現在も同じ市内か隣の市に住んでいることが分かった。
もしかしたら、私が校長になったとき、その卒業生たちの子供を教えることになるかもしれない。
現に今も、教え子の子供が私の赴任校に3人もいるのだから。
P1170134後で、卒業生からDVDをいただいた。
これは、同窓会の様子を写真や動画で撮っていたそうで、それを編集してDVDに焼いてくれたものだ。
しばらく経ってから、懐かしさが欲しくなった時に見ることにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月12日 (金)

平成29年度校長任用論文試験

今日午後から、平成29年度校長任用の筆記論文試験があった。

夏休みの前半は、意外と忙しくて勉強する時間もあまりなかったし、試験前の一週間でどうにか知識を入れ込んだという感じで受けてしまいました。

時間は90分間で、一つの課題について筆記しなければなりません。
課題は、学校と地域、家庭とのあり方についてでした。
特に、急激な変化のある社会において、国際的な視野を持つ人材の育成について、学校だけでなく地域や家庭・保護者との連携の仕方について、述べなければいけませんでした。
論文試験実践集にも確かコミュニティー・スクールであったと思います。
赴任校では、現在コミュニティー・スクールを進めているので、私にとっては書きやすい内容でした。
でも、最初の国際的視野を持つ人材について、知っている知識を思い出しながら文章を作っていくのに時間がかかりすぎました。
最後の校長として同学校経営をしていくかというところをもう少し掘り下げて詳しく書けていればと思いました。
ちょっと残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月11日 (木)

冷や汁

夏休みになって、お昼に何回か冷や汁を作って食べました。

今日は、冷や汁3回目です。
材料は、家でできたキュウリと買ってきたシソの葉とミョウガ、小ネギ、豆腐、それにサバ缶が主です。
あとは、味噌とごはんと氷、ゴマくらいかな。
P1160633簡単にできます。

もう、20年くらい前に、担任をしていた女子生徒が、水泳で九州大会に出場し、その応援で宮崎に行って、お昼に冷や汁を食べたのが冷や汁との出会いの始まりでした。
夏の暑い時に、冷たい冷や汁はおすすめです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 6日 (土)

リオ五輪メダル獲得予想

8月5日午後8時(日本時間の8月6日午前8時)リオデジャネイロオリンピックの開会式が始まった。

これから17日間、各競技でメダルを懸けての熱戦が繰り広げられる。
2004年のアテネオリンピックで、日本は16個の金メダルを獲得した。
これは過去最高個数だ。
2008年の北京オリンピックでは9個、そして2012年のロンドンオリンピックでは7個と数を減らしている。
でも、のメダルを合わせた数では、ロンドンオリンピックが過去最高だったそうだ。
さてリオオリンピックでは、何個のメダル、そして金メダルが獲れるだろうか。

4年前のロンドン五輪では、このブログで「ロンドン五輪メダル数の予想」という記事を書いた。
予想は、期待を込めて金16個としていたのだが、実際にはそれを大きく下回る7個だった。
を合わせたメダル数の予想は48個だったが、これも実際には38個と大きく下回ってしまった。
種目別にピタリと言い当てたのは、サッカーの、バレーボールの、それにレスリングの伊調選手、吉田選手、小原選手が、陸上の室伏選手がハンマー投げで銅メダルを獲ると予想したのが当たった。
今回のリオ五輪も日本がいくつのメダルが獲れるか予想して、楽しんで応援したいと思う。

まずは、陸上競技で、予想は銀1個銅2個
男子50km競歩で、女子マラソンで、100mに期待がかかる3選手は個人ではメダルは獲れないと思うが、4×100mリレーで銅メダルが獲れるのではないかと予想した。
水泳は、金2個銀2個銅4個
男子では、入江選手や瀬戸選手、荻野選手、小関選手に期待する。
女子では、星選手や渡部選手、池江選手に期待する。
それと井村雅代鬼監督が復帰したシンクロナイズドスイミングもメダル獲得圏内だと予想する。
テニスは、銅1個
錦織選手が、第4シードだが、何とか獲ってくれると思う。
ボクシングは、銅1個
ライト60㎏級の成松選手に期待する。
体操は、メダルラッシュにしてもらいたいが、金4個銀1個銅1個
男子団体は、ぜひ中国に勝って金メダルを獲ってほしい。
あとは男子選手の個人種目だ。
トランポリンは、銅1個
前回のロンドン五輪で惜しくも4位だった伊藤選手に期待する。
レスリングは、金3個銅1個
すべて女子選手が獲得すると予想した。
伊調選手、吉田選手は五輪4連覇を達成してもらいたい。
セーリングは、銅1個
女子49erFX級の高野選手に期待したい。
ウエイトリフティングは、銅1個
三宅選手、八木選手に期待したい。
卓球は、銀1個銅2個
女子も男子も団体でチーム力を見せて欲しい。
フェンシングは、銅1個
太田選手が、3大会連続でメダル獲得することを期待する。
柔道は、金4個銀2個銅4個
前回ロンドン五輪では、初めて男子金メダル0の屈辱を味わったので、そこから這い上がる覚悟と練習を積んでリオ五輪に臨んでいると思う。
男子では、海老沼選手、羽賀選手、女子では、中村選手、松本選手に期待する。
バドミントンは、金1個銀1個
男子の2選手が違法カジノで出場できず、メダル獲得が期待されていただけに悔しい。
その代わり女子で、五輪で初めての金メダルを手にしてもらいたい。
女子ダブルスと女子シングルスに期待する。
射撃は、銅1個
女子の中山選手に期待したい。
ラグビーは、銅2個
女子も男子も知恵と総力で、メダル獲得を期待する。
アーチェリーは、銅2個
女子の団体と男子の古川選手に期待する。
ゴルフは、銅1個
女子と男子で誰か一人はメダルに届くように期待したい。
テコンドーは、銅1個
浜田選手に期待したい。

ここには出さなかった競技は、あいにく今回はメダル獲得が難しいと予想した。
サッカーは、前回銀の女子は出場できなかったし、男子はメダルを獲れる力があるかどうか少し疑問だからだ。
バレーボールは、前回だったが、セッターが変わって速い攻撃ができていない。
メダルを獲るには、もっと早いトス回しから攻撃しないと難しいと思われる。
ボートホッケーバスケットボール自転車馬術近代五種カヌートライアスロンは前回もメダルを獲れなかったが、今回も難しいと思われる。
しいて言うなら、バスケットボール女子に暴れてもらいたいと思う。

こう予想してみました。
金メダルだけでなく、銅メダルも予想することはとても難しい。
予想では、金14個銀8個銅27個合計49個になりました。
前回ロンドン五輪が合計48個だったので、1個多い49個は私自身期待するところが大きい証拠だと思います。
せめて、過去最高の38個を獲った前回を超すメダルが獲れれば良いなと思います。

日本は、東日本大震災から復興をしている最中で、立ち直った元気な日本を世界に見せることができたらと思います。
オリンピック選手が、自分の持てる力を出し切って、日本の皆さんに勇気や感動を与えることができ、それが2020年の東京オリンピックに続けばいいなと思います。
リオ五輪の選手の皆さん、思う存分力を発揮してください。
期待して、日本から応援しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 3日 (水)

市人権・同和教育講演会で謝辞を述べる

今日午後から、市の人権・同和教育講演会がありました。
 
私は、人権・同和教育部会の副会長という役職で、講演された大学教授の謝辞を述べる役を引き受けています。
前もって、どんな内容を話されるのかリサーチをしてみると、実に内容豊富で、どこからどう話をまとめ、謝辞として話せばよいか困りました。
それでも、挨拶の最初と最後は、形を決め、中身を講演を聞きながらメモを取り、印象に残ったところや大事なところ、講演を聞いている人たちが思い起こせる内容を含みながら、文章を作っていきました。
 
実際、会場が少し暗くて、メモしている文章がどこからどう行変えしたかわからなくなり、詰まる場面がありましたが、無事謝辞を述べることができました。
後に、他の教頭先生から、よくあれだけの謝辞を考えて述べることができてすごいねと言われました。
とても嬉しかったし、無事仕事を終えることができてホッとしました。
それにしても今年度は、講演会をはじめ、校内研修や会議などで終わりの言葉や謝辞を述べる機会が多くて大変です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月 1日 (月)

ふくおかFGの優待券

今日は、特別休暇を取って一日休んでいます。
 
この休みに福岡銀行に行きました。
ふくおかフィナンシャルグループの優待券を使うためです。
優待券の使い方は4つあります。
1.定期預金金利上乗せ
2.投資信託購入手数料キャッシュバック
3.相続関係サービス契約時ギフト券プレゼント
4.ふくおか証券手数料キャッシュバックです。
 
そのうちの一つ、定期預金金利上乗せをしに、福岡銀行に行きました。
定期預金は、100万円を用意しました。
現在、定期預金の金利は、年0.025%で、1年間100万円を預けると、250円しか利子が付きません。
ところが、この優待券を使うと年0.3%の金利が上乗せになるのです。
ただし、上限は300万円までで、預入期間も6ヶ月だけです。
実際には、100万円が半年後には100万1750円になります。
1750円だけ増えるのです。
微々たるものですが、せっかくいただいた優待券ですから、使わないともったいない。
それよりも、ふくおかFGの株が上がってくれた方が、資産を増やす上では絶対的にいいのですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »