« PTA研修で宗像大社訪問 | トップページ | ジョウビタキ »

2018年1月29日 (月)

理科サークル1月提案「フリクションを使った示温テープ」

1月に開発教材の提案をしました。

「フリクションを使った示温テープ」です。
フリクションは、ボールペンや蛍光ペンがあり、いずれも擦るとその摩擦熱によって書いた字が消えてしまいます。

調べてみると、摩擦熱60℃くらいで消えるインクを使っているそうです。
これを利用して、示温テープを作りました。
示温テープ自体、教材として買うと高いし、これを安価で作れないかと考えました。
フリクションの蛍光ペンを使います。

P1200106

蛍光ペンを試験管に入るように細く切った白字の紙に塗ります。
乾かした後、ラミネートフィルムでパウチします。
パウチするとその熱で、蛍光ペンの色が消え、白くなります。
でも大丈夫、そのパウチして白くなった細い紙を冷凍庫に入れ、-10℃くらいで冷やします。
すると、色が復活します。
これを示温テープとして使います。

だいたい教材として出ている示温テープは、30~40℃くらいで色が変わるものが多いようです。

P1200351P1200363でもこの自作の示温テープは、60℃くらいで色が消え、白くなります。
教材として、小学4年生の「水を温める実験」で使えます。
試験管に入れた水を温めるときにこの示温テープを差し入れます。
温度が60℃くらいになったところで色が白くなります。
自作の示温テープは細長いので、試験管の下の方か上の方か、どこから温まるのかが色の変化で見て取れます。

|

« PTA研修で宗像大社訪問 | トップページ | ジョウビタキ »

理科教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 理科サークル1月提案「フリクションを使った示温テープ」:

« PTA研修で宗像大社訪問 | トップページ | ジョウビタキ »