« 胃休めの七草がゆ | トップページ | 平昌冬季五輪開幕 »

2018年1月 8日 (月)

成人式の日に「はれのひ」が倒産

成人式の日に、振袖販売やレンタル、着付けを手掛ける業者「はれのひ」が、急に連絡が取れなくなったというニュースが舞い込んできた。
 
以下、ネットニュースから引用。
成人の日の1月8日早朝、成人式のための振り袖販売やレンタル、着付けを手掛ける業者「はれのひ(harenohi)」と突如、連絡が取れなくなったという報告がネット上などで多数寄せられている。ハフポスト日本版の取材に複数の女性が証言を寄せたが、中には合計で100万円超を支払いながら、成人式に出席できなかったという女性もいた。 
取材に応じた女性は、横浜市在住の大学生(20)。2016年10月中頃に、横浜みなとみらい店で母親らが振り袖を購入した。振り袖の購入に前撮り(事前の撮影)や着付けもすべてセットになったプランで、支払った金額は100万円を超えていたという。
スタッフが到着していないことは、8日早朝、着付け会場のホテルに向かってから知った。
「最初は信じられませんでした。何度もホテルの方に確認をとりましたが連絡が取れないの一点張りで、他のところで探し始める方がいいと聞いて、ああ本当に来ないんだなと思いました。着付け会場内に入れず、ホテルのロビーでうろたえている親子連れや、不安そうに連絡を入れている一人ぼっちの女性などが印象的でした」と話した。
幸い、振り袖一式などは既に手元にあった。女性は結局、自宅に帰って母親が着付けをしてくれた。しかし、移動などで予定以上の時間がかかったため、友達と出席する予定だった成人式には間に合わなかったという。
「友達と成人式に出たかった。本当に残念です。晴れやかな行事にこんなことがあるなんて驚きです。同窓会もあるので、気を持ち直してそれなりに楽しみたいと思っております」と話している。
高額の商品を購入していたこともあり、スタッフからは「一番いい着付けの時間帯を確保する」と言われていたにもかかわらず、2017年10月ごろになっても具体的な時間帯の連絡がなく、不信感を持って連絡をとったこともあったという。(ハフポスト1月8日12時24分)
この「はれのひ」は、全国に4店舗(横浜みなとみらい店、八王子店、つくば店、福岡天神店)ある。 影響は、横浜みなとみらい店約200人、八王子店約100人に上っている。つくば店では、着付けが遅く、成人式に間に合わなかったという被害が出ている。福岡天神店は、従業員のボランティアで、着付けを行ったということで、問題なかったそうだ。実は、我が娘も昨年、この「晴れの日」で振袖を購入して、成人式に参加した。(「娘の成人式」2017.1.8記事)
この時は、気に入った振袖が見つけられてよかったし、成人式の後も、きちんと振袖の洗濯、手入れをしてくれた。
まさか1年後、こんな大きなニュースになろうとは思ってもみなかった。
今、「はれのひ」で購入した振袖は、我が家にあるので心配いらない。
でも、今日の成人式を楽しみにして、朝早くから着付けに行った成人にとっては、まさに寝耳に水の状態で、成人式に出られない人もいて、非常に可愛そうな事件になった。
1年や2年も前から振袖を購入して、店に預けていて、振袖一切持ち逃げされるなんて、この事件を知って、憤りを隠せない。

|

« 胃休めの七草がゆ | トップページ | 平昌冬季五輪開幕 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/85841/66256053

この記事へのトラックバック一覧です: 成人式の日に「はれのひ」が倒産:

« 胃休めの七草がゆ | トップページ | 平昌冬季五輪開幕 »