« 理科サークル1月提案「フリクションを使った示温テープ」 | トップページ | 平昌冬季五輪開幕 »

2018年2月 6日 (火)

ジョウビタキ

学校には、時々綺麗な小鳥が現れます。
今日見たのは、ジョウビタキ。
鮮やかなオレンジ色が印象に残る小鳥です。
Dsc_0191ccrop思わずスマホのカメラのシャッターを押しましたが、動くのでなかなかいいものが撮れずじまいでした。
冬の日本では、人里や都市部の公園などでもよく見かける冬鳥の一つです。
スズメよりわずかに小さく、オスは頭上が白く、目の周りが黒いのが特徴で、メスは頭が淡褐色なので、写真に撮ったものはオスだと分かる。
胸から腹、尾にかけてはオスもメスも橙色をしている。
チベットや中国東北部、沿海州、バイカル湖周辺で繁殖し、中国南部、インド品半島北部への渡りを行い越冬する。
日本では、冬鳥として全国に飛来する。

|

« 理科サークル1月提案「フリクションを使った示温テープ」 | トップページ | 平昌冬季五輪開幕 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジョウビタキ:

« 理科サークル1月提案「フリクションを使った示温テープ」 | トップページ | 平昌冬季五輪開幕 »