カテゴリー「住まい・インテリア」の12件の記事

2016年7月23日 (土)

鍵折れ

家族と食事から帰ってきて、急いで私の家の鍵で玄関のドアを開けようとしたら、鍵が折れてしまいました。

鍵穴の中に鍵の先が折れて入ったままなので、家の中に入れません。
早速、鍵の修理屋を呼びました。
約1時間後に到着するとのことでしたから、午後11時半までみんな家に入れないという状況になってしまいました。
車の中でテレビをつけ、時間をやり過ごしました。
途中で眠くなり、仮眠を取りました。
突然、携帯電話が鳴りだし、鍵の修理屋が来たことが分かりました。
折れた鍵を鍵穴の中で合わせて回すと、いとも簡単にドアは開きました。
最初からそうすればよかったなあと思いました。
中で折れている鍵を取り出してもらって、これですべてで1万5000円かかりました。
飛んだ出費です。
鍵は折れやすいので、これからはゆっくり回すことを心がけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月11日 (金)

玄関にハナミズキ植樹

玄関にハナミズキを植えました。

以前、カエデがあったところですが、カエデは日が当たらないと真っ赤に紅葉しなくて、葉先が枯れてあまり綺麗ではありませんでした。
今までカエデを2本植えましたが、いずれも枯れてしまいました。

そこで、今回は庭の手入れや草取りをしてもらったついでに、玄関にハナミズキを植えたいと提案して、田主丸から持ってきてもらいました。
このハナミズキは、一青窈の「ハナミズキ」の歌にあるような薄紅色の花をつけるのではなく、真っ白い花をつけるハナミズキです。
どうしてハナミズキを植えるようにしたかというと、2015年がちょうどアメリカ合衆国ワシントンD.C.からハナミズキを送られて100周年に当たり、それが父が亡くなった年だからです。
父は生前、「100歳までは生きたい」と言っていました。

P1160238

日本におけるハナミズキの植栽は、1912年に当時の東京市長であった尾崎行雄が、アメリカ合衆国ワシントンD.C.へサクラ(ソメイヨシノ)を贈った際、1915年にその返礼として贈られたのが始まりです。
どうして白い花をつけるハナミズキにしたかというと、父は生前、居合道を習っていて、その白い袴姿がよく似合っていたからです。

玄関先には今は、ピンク色のサザンカの花が落ちて、紅梅が咲いています。
やがてその花も散ってしまった4月下旬から5月上旬になると、白いハナミズキの花が見られると思います。
秋には紅葉し、赤い実をつけます。

これで、我が家の庭先には、母の枝垂れモモと父のハナミズキが植えられたことになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月25日 (日)

井戸ポンプがおかしい

夕方暗くなってから、家のトイレの水が流れないことに気づきました。

溜まっていた水で何とか流れましたが、手が洗えない。
洗面所や台所の蛇口をひねりましたが、水は出てこない。
困りました。

我が家は井戸水なので、電動ポンプで水を汲み上げています。
そのポンプは、隣の実家にあります。
暗いので、懐中電灯を灯しながら、ポンプがある実家の庭へ行ってみました。
ポンプを覆っていた木製の小さな小屋は、朽ちて崩れていました。
漏電のせいかなと思い、電気系統を見ましたが、コンセントはきちんとつながっていて濡れていないし、異常は見つからない。
ポンプのふたを開けてみて、警告ランプはついていないか確かめてみましたが、異常はありませんでした。
わからないまま、明日ポンプ屋さんに連絡して直してもらおうと思います。
それまで、断水です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月24日 (月)

自宅のトイレ改修

家には、1階と2階に1つずつトイレがあります。

そのトイレを2つとも新しく便器を変え、壁と床のクロスを張り替え手洗い場も作ってもらいました。
いわば、全面的に改修工事をしました。
P1150240b
1階のトイレ→
2階のトイレは、1日で完了したけど、1階のトイレは2日かかりました。
そして昨日完成して、今日から快適に使っています。
今まで床は、茶色の木目調でしたが、明るく白い色にしました。
同じく壁も1階は少し緑がかった白で、2階はピンク色がかった白にしました。
トイレの中が明るくなりました。
それに便器はTOTOの最新機種で、近づいたらフタが勝手に開くやつです。
離れると自然に流してくれる。
P1150242b_2←2階のトイレ
新調するまでは、フタを閉めるときの大きな音に嫌気がさしていましたが、今回はそれに悩まされなくてよくなりました。

気持ちよく用が足せるっていいな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月19日 (水)

太陽光発電機のファン修理

実家の屋根の上に乗っている太陽光発電機が全然発電していないことに気づきました。

気づいたのは、7月分の売電が4kWhしかなかった通知が届いたからです。
通常、夏場は100~100kWhは発電するはずですが、極端に少なかったので気づきました。
九電の方もおかしいということで、調べに来てもらいましたが、たぶん発電機そのものが原因だろうが詳しくはわかりませんでした。
詳しく業者に調べてもらってくださいということだったので、太陽光発電機のメーカーに来てもらって調べてもらいました。
すると、発電機のファンが回ってないようだということで、夏場熱を逃がすためのファンが動かなかったのでダウンしてしまったようです。
すぐに直してもらいました。
たぶん次の月は、通常通り発電できるものと思います。
それにしても約1か月の間、発電できなかったのだから、売電料金にして1万円くらい損をしたことになります。
夏の初めは、暑い日が続きさぞかしたくさん発電できていただろうに。
もったいない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月24日 (土)

ハウスメンテナンス

セキスイハイムで家を13年前に建てました。

10年目のメンテナンスは終わっていますが、家も10年を過ぎたあたりから、あちらこちらに修理しなければならないところや清掃した方が良いところが目立ってきます。
我が家でも、雨どいが外れて、屋根から雨を集める所から直接下まで雨が落ちているところ、トイレの水道が詰まって流しても水がチョロチョロしか出ないところ、玄関庇の錆、外の足洗い場の水が流れていくところに砂が詰まって、水が流れにくくなっているところ、和室の引き戸の滑りが悪いところ、風呂脱衣場・洗面所の収納スペースの見直しなどたくさんあります。

今日、セキスイファミエスのメンテナンスオーナーの方に来て、全て見てもらいました。
そのうち、トイレの水道と和室の引き戸は、すぐに直してもらいました。
あとは、もう少し時間を掛けて見積もりを出してくれるそうです。

トイレとキッチンもすべて一気に取り替えないと、もう修理しようと思っても部品がなくなるそうです。
お金があれば、すぐにでも取り替えたいところなんですが、そういうわけにもいかず、給料と家のメンテナンス時期と両方を数年のスパンで考えないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 7日 (日)

寝室のエアコンを買い替え

寝室のエアコンを買い替えました。

家を建ててから13年経ちましたが、寝室のエアコンは家が建つ前のマンション住まいの時から使っているものでした。
マンションから引っ越す時に持って来て、寝室にそのまま取り付けたのです。
寝室のエアコンは、19年経っていました。
8月末に冷房が効かなくなって、新しいものを買い替えないといけないなあと思っていた時でした。
P1100593これで我が家のエアコンは、全部で6台ありますが、一番古いのは上の娘の部屋に取り付けているエアコンになりました。
このエアコンもマンションから引っ越す時に持ってきたものですので、19年になります。
上の娘よりも年を取っています。
でもよく、この長い間、持ちましたねえ。
新しいエアコンを取り付けに来た方が、びっくりされていました。

さて、新しく取り付けたエアコンは、日立の白くまくんです。
P1100596電源が200Vだったので、大きめのエアコンを買うしかありませんでした。
今では小さなエアコンでも性能が良くなったので、100Vコンセントで間に合うんですけどねえ。
少し大きな分、早く冷えてその後、温度管理をするので、節電効果が高いそうです。
暖房も少し大きめの方がいいそうです。
でもここで、21万円の出費は痛いです。
冬のボーナス一括払いにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年7月31日 (木)

エコキュート取り付け

今日、一日がかりで電気温水器からエコキュートに取り替えてもらった。

以前九電工の方が、我が家に来て「電気温水器からエコキュートにした方が冬の電気代が節約されますよ。」と説明を受けたので、今日の予定で工事をしてもらった。
電気温水器は、寒い冬に夜の間お湯を維持するのに随分電気代がかかるということだが、エコキュートは空気を取り込んで圧縮し、その出た熱で水を温めるので電気代がそれほどかからないということだ。
Ecocutesikumi自然の空気を使うのだから、原材料はかかってないということだ。

←エコキュートの仕組み(ベスト電器のエコキュートの仕組みから http://www.best-alldenka.jp/product/ecocute/ecocute_sikumi.htm

P1090891エコキュートは、ヒートポンプ技術を利用した空気の熱を利用してお湯を沸かす事ができる電気給湯器の一種で、空気の熱を利用することにより省エネルギーで熱エネルギーを獲得する事ができます。
エコキュートとは、「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」という名称が正式な名前です。
エコキュートには、お湯を貯めておく「タンク」と室外において、外部の空気を取り込む「ヒートポンプユニット」と呼ばれる2つの機械から成り立っています。
P1090892ヒートポンプユニットは空気の熱を電気の力で圧縮して高温を作り出し、その熱を利用して給水された水をお湯に買えるというシステムを持っています。

朝の9時から夕方5時近くまで作業をしてもらってやっと取り替えてもらった。
今、リコールで大変な会社のエコキュートじゃないのでよかった。
P1090890我が家は井戸水を使っているので、その井戸水の濾過機も途中でつけたので、割高になった。
新しいって、何かいい。
追い炊きは今までできなかったけどそれもできる。
最後に取扱いの説明を受けたが、随分便利にもなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 3日 (木)

安眠のために

3月末に通販で購入していた寝具が届きました。

寝返りを打って右肩を下にした場合、朝起きた時に肩が痛くて仕方ありませんでした。
P1090252それで、通販葉書きからトゥルースリーパーを購入することに決めました。
低反発の素材で、体重が一か所に掛からず、よく眠れると評判なためです。
オリンピックの選手でも、この低反発のマットをオリンピック宿泊会場まで持って行くということじゃないですか。

これで、少しは楽になると思います。
朝起きた時の疲れがなくなると思います。

P1090255ただ、ベッドに置こうと思ったら、袋には二重に折りたたんで圧縮しているものだから、それを出してもとの状態に戻るまで早くて半日はかかるそうです。
朝から出しておけばよかったと、今更ながら思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月24日 (日)

UR家屋状態検査

URの人が来て、家屋調査がありました。

この家屋調査は、最近自宅近くに新しい橋が架かって、その工事のため私の家と隣の実家がひびが入ったり柱のずれを生じたりしていないかどうかを見る調査です。

工事前の約5年前の写真と見比べながら、我が家は全部の部屋の写真を撮って行かれました。
そのとき、前もってずれがあったところは入念に点検と写真を撮っていました。
これだけで半日かかってしまいました。

気になるのは、工事前にはなかった玄関の敷石階段に一か所ひびが入っているところです。
これはたぶん工事のせいだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧