カテゴリー「経済・政治・国際」の2件の記事

2013年7月21日 (日)

ねじれ解消

今日、参議院選挙の投・開票があった。

忘れずに投票に行ってきました。
これで選挙には、大学時代に実家に帰ってこられなくて1回だけ棄権したけど、あとは全て投票に行っています。
今日は、車の12ヶ月点検もあったので、投票は午後5時近くになったけど、妻と一緒に行きました。
父は、今や自分が誰に投票するといった意志を持っていないので、父は誘いませんでした。

現時点では、自民党しか経済再生と景気浮揚、東北復興など、やってくれそうな政党は他にはないので、自民党が勝つだろうと思います。
しかし、圧勝したのでは、かつてあったように何でも好き勝手にやってしまう恐れがあります。
自民党の対抗勢力がないといけないと思います。
そういう意味で、私は○○党に投票しました。

自民党が多数の方を集めて圧倒的第一党になるのは必至ですから、野党第一党になればと思って投票しました。
でも死に票になるのは誰もが嫌うと思います。
それが一つの原因で、選挙に行かないということもあるかもしれません。

いずれにしろ、自民党がねじれ解消することは間違いないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

鳩山内閣

先週、第93代内閣総理大臣に選ばれた鳩山由紀夫氏が、鳩山内閣を作った。

新聞やニュースなどの評論は、どのポストも粒ぞろいだという。
堅実な布陣を敷いたと言っていいかも知れない。
4年前、郵政民営化をうたった自由民主党の圧勝から、この日が来るとは想像できなかった。
福岡県出身の麻生太郎前総理大臣には、頑張ってもらいたかったけど、総理になる時期が悪かったようだ。
鳩山内閣には、国民のために今ある課題に真っ正面からぶつかって真摯に取り組んでもらいたい。
文部科学大臣は、川端達夫氏になったが、教育界にも課題がたくさんある。
「全国学力・学習状況調査」は来年度あるんだろうか。
「教員免許更新制度」は、続けられるのだろうか。
私は更新が8年後だから、その頃は更新制度はもしかしたら廃止になっているかも知れない。
川端氏の言葉によると、「全国学力・学習状況調査」は抽出に、「教員免許更新制度」は廃止にするということだ。

ところで、鳩山由紀夫氏と言えば、私は偶然にも一度だけ見かけたことがある。
それは3年前の夏休みに、東京へ家族旅行した時、東京駅の改札出口で見かけた。
ほとんど後ろ姿で、正面からしっかり見ていないが、あれは鳩山総理だった。
そばにいた別のカップルも「鳩山さんだ」と声を出していたので、間違いないと思う。
結構大柄だったような印象がある。
その人が総理大臣になった。
自民党から民主党に政権は変わったが、党の考えはともかく、鳩山内閣には国民のために努力を惜しまず、頑張ってもらえるとありがたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)