カテゴリー「健康」の56件の記事

2016年12月20日 (火)

心痛、もう一度救急外来

また、心臓付近が痛くなって、夜救急外来に行きました。
 
今度はどうして痛くなるのか原因を突き止めたい。
このまま、分からなければ毎日が気が気でない。
そんな思いで、救急外来に飛び込みました。
結果は調べてみてもわかりませんでした。
今回は、レントゲンだけでしたが、この前の血液検査では、異常な数値は見つかりませんでした。
昨日、ふとしたことを思い出して、医者に話しました。
それは事務の先生が、「もしかしたら筋肉痛じゃない?」といった一言です。
痛くなったのは、17日の餅つきの後だからです。
それを医者に話すと、ああ、それでと納得したように説明してくれました。
餅つきで一生懸命杵を振るったため、肩から下の上半身は筋肉痛になった。
しかも右利きなので、比較的弱い左の胸の方に疲労が溜まり、筋肉痛が現れた。
そうだったのか。
納得しました。
心臓の病気ではないことに安心しました。
後は安静にしておくしかありません。
2回も救急外来に行って、心配して、結果が筋肉痛だったなんてなんだーって感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心臓付近が痛くて救急外来

午後4時くらいから、急に心臓付近が痛くなって、夕方救急外来に駆け込みました。
 
今日の学校の忘年会は、残念ながら欠席しました。
病院では、採血をして血液検査をし、肺や心臓付近のレントゲンを撮りました。
結局、異常はなく、痛さも落ち着いてきたので、そのまま返されました。
自分にもしものことがあったらと、冷や冷やでした。
というのも、私の母が、心臓付近の大動脈破裂で急死したからです。
でも何だったんだろう?
その日は湿布を張って寝ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 1日 (火)

肉離れの内出血

10月27日に肉離れを起こした右足の包帯を風呂に入る時に外しました。
左足とは比べるまでもなく、大きく腫れていました。
P1170505そして内出血で青紫色になっている部分が、大きく広がっていました。
医者からは、肉離れの中でもひどい方で、完治まで4週間くらいかかると言われました。
早くよくなるように養生したいと思います。
そしてこれからは、少しずつでも運動をしていかないと、いざという時にこういうことになるんだなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月27日 (木)

陣取りで肉離れ

「みんな運動場で遊ぼう」ということで、児童会の企画でチームに分かれて陣取りを行いました。

すでに数日前からトーナメントは始まっていて、児童縦割りの6チームと先生チームの7チームで優勝を目指します。
先生チームは、1回戦不戦勝で2回戦から登場しました。
校長先生が出張でいない中、私を含む7人の先生チームと1回戦を勝ち抜いた14人の児童チームとが昼休みに15分間で勝負しました。
先生チームの作戦は、最初から人数が少ないので、ゴールを狙わず一人ずつ相手を捕まえて行こうということでした。
作戦が功を奏して、こちらの陣地につかまった子供たちがだんだん増えてきました。
こちらの先生チームはまだ捕まった先生はいません。
このまま時間が経てば、捕まった人数で勝敗が決まるので先生チームの勝ちです。
膠着状態のまま、こちらが攻めていったときに2人の先生がつかまりました。
時間切れのホイッスルが鳴りました。
こちらの陣地には、5,6人の子供たちが捕まっていたので、先生チームの勝ちになりました。
私は、ゲームの最後の方で5年生の男の子を捕まえようと、急に走り出したことが原因で右足が肉離れを起こしました。
痛くてそれ以降は走ることができませんでした。
どうにか歩くことはできたので、ゲームが終わった後、職員室に帰りました。
放課後、整骨院で診てもらうと、やっぱり肉離れでした。
「松葉杖を貸しましょうか。」と院長さんに言われましたが、どうにか無くても歩けそうだったので借りずに帰りました。
その日はテーピングと包帯を巻いた状態で家路に着きました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月29日 (木)

歯の定期健診

昨年から今年の1月くらいまで、虫歯の治療に行きましたが、その歯の定期検診がやってきました。

本当は、案内の葉書が8月に来ていたのですが、夏休み中とはいえ、なかなかまとまった空き時間がなく9月下旬になってしまいました。

定期検診は、虫歯の所を少し削ったり、嚙み合わせを確かめたりしましたが、4日間くらいで終了しました。
定期検診だから、本当は一日で済むと思っていたのですが、悪いところが見つかればその治療をしなければならず、その分日にちが伸びました。
最後の日には、歯医者専用の歯磨き粉をもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月15日 (金)

地区健康診断に顔を出した

地区の健康診断会があると聞いていて、「先生も時間があるなら来てください。」と言われていました。

午後の時間帯で、少し手が空いたので、学校からは私が代表して顔を出すことにしました。
地区の健康診断会は、小学校からほど近い地区の集会場を会場として行われていました。玄関から入ると、知った顔の役員さんが受付をしていました。
また、コーナーごとに、知った顔の保護者の方が測定機械を扱って測定補助のお手伝いをされていました。
私は顔を出すだけのつもりでいましたが、受付で「ぜひ測定してください。」と言われ、「時間がかかるでしょう。」と尋ねたら、「そんなに時間はかからない。30分くらい。」ということだったので、受けてみることにしました。

最初の測定は、血圧と脈拍でした。
私はいつも緊張して、血圧は高く出ます。
それに測定している機械は、「どうも皆さん高く血圧が出るみたいです。」と係の人に言われ、思い切って測定しました。
ドキドキしたので、案の定結果はひどいものでした。
上が176で、下が113でした。
脈拍も71と緊張して受けたのがありありでした。
今日は悪い結果を持って帰らなければならないぞという覚悟のもとで、他のコーナーに行きました。
握力は、左手1回目が47.1kg、2回目が42.2kg、右手1回目が45.8㎏、2回目が41.8kgでした。
私は右利きなのに、なぜか左手の方が強かった。
これは最高値が測定値になりますが、20代の若者の平均値を超える値でした。
長座体前屈は、1回目が44cmで、2回目が50cmでした。
50㎝超えたことで係の人がびっくりしていました。
私は体が硬いのを自分自身知っていたので、これは悪い結果が出るだろうと思っていましたが、意外にも良い結果が出てしまいました。
男性40~44歳の全国平均値が41.2㎝だったので、それよりも若いということになります。
足指力(そくしりょく)は、転倒防止のための下肢の筋力を図ることが目的で、足の親指と人差し指の間に金属の金具を挟み、それをぎゅっと足の指で閉じて力を測定します。
左の1回目が5.8kgで2回目が5.0kg、右の1回目が3.8㎏で2回目が3.3kgでした。
これも握力と同じように、なぜか左の方が強かったようです。
結果は、左は上出来グループで、右はいい感じグループでした。
それから骨量測定もしました。
P1160676結果は、骨梁面積率25.0%で、同性、同年齢比較では82.5%しかなく、骨年齢は60歳代とこれは恥ずかしい結果でした。
カルシウムが多い食品とカルシウムの吸収を助ける食品をたくさん摂らなければなりません。
それから、適度な運動と日光浴が必要だそうです。
血管老化チェックは、血管老化偏差値41で、血管年齢44歳となり、同年平均より著しく弾力性に富んでいる素晴らしい結果となりました。
最後に体組成チェックを受けました。
体脂肪率24.0%、BMI25.4で、やや肥満傾向、内臓脂肪レベル14で、やや過剰、筋肉量54.1kg、基礎代謝量1575kcalで平均でした。
体内年齢は、44歳でいい結果でした。
今日は、たくさんの測定をしましたが、どれも普段受けられないような測定機械を使っての測定で、いろんなことが分かってよかったです。
小学校に帰ってきて、結果をみんなに伝えたらよかったねと感心されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 7日 (火)

2日連続鼻血

鼻血が2日連続して出ました。

しかも学校で。
昨日の6日は、職員朝会前に男性の先生と話している時に突然ぽたっと鼻血が落ちました。
男性の先生は、すぐにティッシュを持ってきてくれました。
机の上に置いていた予定帳に鼻血が落ちた後が付きました。
この日は詰めたらすぐに止まりました。

今日7日は、給食時間に2年生の教室に入っていたら、食事中に鼻血が出ました。
教室にあるティッシュを同じ2年生の教室に入っていた養護教諭の先生に持ってきてもらいました。
今回はなかなか止まりませんでした。
食器を片付けるときに下を向くと、ぽたっと落ちました。
すぐにティッシュで床を拭いて、何事もなかったように食器を片付けました。
一緒に席で食べていた児童たちは、びっくりして心配そうに声をかけてくれました。
みんな優しかったです。

季節の変わり目は、鼻が詰まりやすく、ちょっとの衝撃で鼻血が出やすくなります。
夏休みに鼻の中を焼いてもらわなければならないのかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月16日 (月)

左眼外側が充血

今日お昼くらいに、目が少しゴロゴロしました。

1時間くらい経って、自分では分からなかったけど、他の職員から眼が真っ赤になっていると聞かされました。
鏡を見てみると、本当に左眼外側半分(白目の所)が、真っ赤に充血していて下のまぶたを指で開いてみると、瞳の下側も真っ赤になっていました。
自分でも鏡を見てびっくりするほど真っ赤でした。
すぐに持っていた目薬を差しました。
でもすぐには、回復しません。
以前もこんなことがあったと記憶がよみがえりました。
結膜下出血で、余程目が痛かったり、視力が落ちたりしていない限り、出血は吸収されて、1~2週間で元通りになるということです。
以前、ブログにも書いていました。

「白目が赤く染まった」(2013.12.31)
前に比べたら、ちょっとひどいと思うくらい真っ赤になっているので、私の顔を見た人がびっくりしないか心配です。
特に小学生が心配です。
1週間の我慢です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月30日 (土)

咳が出て病院で診察してもらいました

時に咳が出て苦しいので、病院で診てもらいました。
 
ここ数日、リビングのソファーで夜うたた寝をしてしまい、喉がカラカラになり、咳が出るようになりました。
最初はそうでもなかったのが、だんだん咳き込みが激しくなり、肺から咳をするような苦しい席になりましたので、病院で診てもらうことにしました。
以前言っていた病院は、相当待たされた挙句、あまり効きそうもない薬を処方されるので、今回は思い切って新しい病院で診てもらうことにしました。
そこの病院は、私の教え子が看護師として働いている病院です。

案の定、名前を呼ばれた後、教え子が顔を出しました。
症状を言って、先生に診てもらいました。
初診ということで、新しい診察カードももらいました。
治りの経過がよければ、家からも近いし、この病院に何かあったら通おうと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 4日 (金)

追加当選一日ドック

教職員共済組合で、追加で一日ドックが当たり、今日受けてきました。

一日ドックを受信した病院は、福岡新水巻病院です。
昨年度も7月(1年8ヵ月前)に受けましたが、その時と同じ病院です。

この病院の良いところは、内視鏡検査(胃カメラ)があっという間に終わっているところです。
もちろん時間は十分かけているのでしょうが、麻酔のうがいをした後、ベッドに横になって鎮静剤の注射を打たれた後は、記憶がありません。
マウスピースを口にくわえたところまでは、記憶にあるのですが、起こされて気が付いた時には検査はもう終わっていました。
今まで胃カメラは、4回飲んだことがありますが、最初の2回は嘔吐反射が止まらず、随分苦しい内視鏡検査でした。
圧迫感があり、お腹を突き上げられたり、機械が胃の壁に当たったりする違和感がどうも苦手でした。
でも、福岡新水巻病院にしてから、そんな思いをすることなく、すっきり目覚めると同時にすべての検査が終わっているという状態で、とても体が楽です。
後は、レストランでゆっくり食事をとって、休んで帰ります。

結果は、胆石があるようです。
まだ痛みが出ないうちに、摘出したほうがよいと言われました。
また、コレステロールの薬はもう飲む必要がないとも言われました。
このごろ、運動もせず太ってきたので、私としては気になるところではありますが。
心電図と眼圧、胃の壁の表面も問題があるようで、体は老化していることが分かります。
一日ドックを受けた日に、健康の大切さとこれからの食生活を考えなくてはと思うのですが、長続きしません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧