カテゴリー「学校行事」の97件の記事

2017年4月22日 (土)

H29年度PTA総会&歓送迎会

PTA総会がありました。
 
今までの中学校では、いくつかは教頭がPTA総会の資料を作りますが、この小さな小学校では本部役員が3人だけなので、資料はほとんど教頭がつくって、印刷します。
これって結構大変な仕事です。
事務の先生が、PTAの会計担当になってるし、いくら父母教師会と言っても教師の仕事が多すぎます。
仕方ないことなのかもしれないけどね。
 
今年のPTA総会は、昨年度の県のPTA新家庭教育宣言の実践発表会の様子をスライドにして、報告しました。
今やっているPTAの活動を少しでもPTA会員みんなに知ってもらうためです。
このスライドつくりは、前PTA副会長が行いました。
 
その夜の歓送迎会は、盛り上がりました。
私も2年目で、卒業した保護者を知ってるから、話題もついて行けます。
中学校に上がったその後の子供の様子など聞かせてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月12日 (水)

H29年度入学式

平成29年度の入学式がありました。
 
今年度は、16名の入学生がありました。
みんな10日ほど前までは、幼稚園児だったのですから、小さいし、可愛いです。

P1180054b

これが1年間で少しずつ立派に成長していくんだなと感心します。
新入生の保護者の中に私が前から知っている人はいませんでしたが、今年度私の教え子が児童の保護者という子は、2年生2人、3年生1人の合計3人になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

H28年度卒業式

小学校の卒業式を教頭として初めて体験しました。

今まで、中学校から来賓で小学校の卒業式に出席したことはあるけど、職員席からの参加は初めてです。
この頃は、小学校でも「旅立ちの日に」を歌います。
元々この歌は、歌で、学校を立ち直らせようとして、中学校の校長先生が作詞し、音楽教師が作曲して作り上げたものです。

P1180033b

それが今や小学校でも歌われるようになってしまいました。
それはそれで感動がありますが、中学校で歌わせてあげたいものです。
我が小学校は、卒業生退場の時に体育館の中央で、卒業生の子供と保護者が、握手をしたり、抱き合ったりするシーンが見られます。
とても感動的な場面です。
その様子を見ると、涙をこぼさずにはいられなくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月24日 (金)

H28年度お別れ集会

小学校には、お別れ集会というものがあります。

高校でいう予餞会でしょうか。

P1170996b

子どもたちの集会係が、計画を立て、プログラムを作り、体育館で学年それぞれの出し物をもうすぐ卒業する6年生に見てもらい、その後みんなで遊べるものをして、最後に花のアーチで見送るというものです。

P1180008b

もちろん先生たちの出し物もありました。
先生たちからは、「海の歌」「手紙~拝啓十五の君へ~」などの歌声と沖縄エイサーの踊りでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月17日 (土)

収穫したもち米で餅つき大会

学校で育てて収穫したもち米で、餅つきをしました。
 
前日から準備をして、もち米を洗って水につけて一晩おきました。
約30㎏のもち米を今日一気に蒸した後、つきあげました。
2校時から児童総出で、朝早くから教師はもちろん、地域の方や卒業生たちも手伝いに来てくれました。

Cimg8261b

今や学校行事だけではなく、地域の行事になりつつあります。
しかし、学校だけで準備をし、餅つきをするのは、大変です。
総合的な学習の時間で行っているのだが、そうすると授業時数がいっぱいで教科の方の余裕がなくなってしまいます。
平成32年度から、外国語の教科化が行われ、福岡県では先行して平成30年度から実施していくことになるので、授業時間が足らなくなってしまいます。

Cimg8167

考えとして、この餅つき大会は、郷づくりの会に委ねられるなら委ね、土曜授業の日の午後から行ってもらい、それに児童が参加できる子が参加するという形にする。
餅つきのための道具は、学校にあるので、それは全て郷づくりに貸してあげる。

P1170788b

とにかく、今日の餅つき大会は盛り上がりました。
ただし、ノロウイルスや食中毒の危険があったので、餅を丸めるのは児童は自分のだけで、それを自分自身で持って帰ってもらうことにしました。
つきたての餅は、そのまますぐに冷凍したほうがよいらしいです。
そうすると、いつまでも餅を焼いたときに柔らかいままいただけるそうです。
この餅つき大会で、たくさんの地域の人が来てくれましたが、私が10年前に中学校で受け持った教え子が来てくれていました。
とても懐かしかったです。
こんな再会もあるのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月30日 (日)

平成28年度地域合同まつり

学校行事でもあり、地域と合同で小学校で祭りを行います。
P1170295b小学校としては、子どもたちの学習披露の場として音楽を中心に午前中ステージ発表をします。
P1170335bP1170372bその後、落語・紙切りを観たり、地元の吹奏楽団を呼んで演 奏を聴いたり、これも地元の太鼓演奏集団の演奏を聴いたりしました。
もちろんバザーがあります。
P1170404b護者の方が、牛丼やおにぎり、ポップコーン、うどん、コーヒーなどを作ってくれました。
卒業した中学生もボランティアでいろいろと手伝ってくれました。

P1170421b午後からは、音楽室でバンドコンサートがあり、運動場では稲わら飛ばしや餅まきなどがありました。
フィナーレは、みんなで風船飛ばしをしました。
P1170473b
風船に学校の住所と子供の名前を書いた菜の花の種の袋を結び付け、大空に飛ばしました。
色とりどりの風船が青空に綺麗でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月20日 (木)

28年度鍛錬遠足

全校生徒で鍛錬遠足に出かけました。

目的地は、学校から約9㎞離れたT小学校です。
往復18㎞は、小学1,2年生にはきついだろうということで、行きの一部を乗り合いバスを使うことにしました。
3時間目から学校を出て、ちょうど昼食前に目的地へ到着することができました。
Rimg0285b5,6名の保護者の方も安全のために見守りに来てくれて、助かりました。
1年生から6年生までの縦割りグループを6つ作って、励まし合いながら進みました。
6年生がよく下級生の面倒を見てくれていました。
T小学校では、給食時間に学年クラスにそれぞれ入って、自己紹介をしたり、給食前の会話の時間を楽しんだりしました。
我が校の児童は、弁当を広げてT小学校の児童と一緒に食べました。
給食後は昼休みで、運動場や体育館でそれぞれの学年で一緒に遊びました。
低学年ほどすぐに仲良くなって一緒に遊んでいましたが、高学年はなかなか交わることができずにいました。
6年生はあと半年もすれば、一緒の中学校に入学するのにと思いますが、恥ずかしがってなかなか交わることができませんでした。
それでもT小学校を出るころは、教室の窓からT小学校の児童が身を乗り出して手を振り、私たちを見送ってくれました。
最後に小学校に戻るころは、みんなへとへとで特に1年生は疲れ切っていました。
私も往復18㎞を一緒に歩きましたが、手応えのあるいい運動になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 6日 (木)

小学校の1学期が終了

初めての小学校での1学期が今日終わりました。


1学期の終業式を行いました。
小学校は、月に一回朝会がある。
そして、夏休みの前と後も朝会がある。
当然冬休み前もある。


中学校が、全校生徒が集まって行う式というのは、そんなにないのに小学校は十数回あるようだ。
その都度、式の始めと終わりの言葉を教頭が言うことになる。
ちょっと面倒くさい。
明日一日の秋休みがあって、土日祝日と子供たちは4連休になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月30日 (金)

不審者対応防災訓練

午前中、不審者対応防災訓練がありました。

今回は、警察署の防犯係から1名しか来校しないということだったので、不審者役は教頭の私がすることになり、担任以外の校長先生はじめ職員室にいる先生が、不審者に対応することになりました。
校内放送をかけ、子供たちを体育館に避難させ、不審者に対応し、最後には校舎外に追い出すということです。
放送は、「西の窓から煙が入ってきました。」というように、不審者に不審者扱いをしていると悟られないようにします。
私は、校長先生から「何か用事ですか」と尋ねられ、「いや、何も用事はないけど、子供たちの様子を見に来た。」と言って、ずんずん校舎内に入ってきます。
「どちら様ですか。保護者の方ですか。」と尋ねられても、「そうじゃないけど、ちょっと…。」と言って、不審な動きをします。
そしてついにはさすまたを持ってこられて、封じ込められます。
そしてついには玄関から外へ追いやられます。
その後、体育館では、子供たちに不審者について、注意する大事な事柄の頭文字をとった「いかのおすし」の学習を警察署の方にしていただきます。

Cimg7912b

その頃は、私も体育館の中に入って、その講義の様子を見ることができました。
後で、警察署の方から言われたことは、なかなか迫真の演技で良かったですということと、さすまたは不審者の胴の所に突き出すよりも芦屋首当たりのほうがよいということでした。
それは、さすまたの広い方を持った不審者の方が、さすまたを持って捻れば簡単に封鎖を解くことができるからということでした。
不審者の動きを止めるのが目的だから、足や首辺りに差し出したほうがよいということでした。
これだけでも勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月18日 (日)

地域の祭り・伝統芸能

今日は、小学校近くの神社の秋季大祭でした。
 
昨日とは打って変わって、朝から強い雨が降り、神社の秋季大祭は小学校の体育館で行われることになりました。
体育館で披露されるのは、神社の神輿と獅子楽と大名行列です。
私は、大名行列の長薙刀持ちとして参加しました。
少し離れたところにある公民館で、大名行列の衣装に着替え、笠をかぶり、草鞋を履き、長薙刀を持って、体育館に入場しました。
本来なら、衣装に着替えた公民館から、小学校の体育館に向かい、その後神社の方に向かって終わるんだそうです。
この日は、小学校の体育館で、2列になり、神輿をその間に通らせるときに、静かにしゃがんで蹲踞の姿勢を取り、また静かに立つという動作をしました。
また、丸く円を作り、エイ、ヤーの掛け声とともに少しずつ歩き出します。
そういうところを見てもらいました。
その他には、小学生3~6年生が、地域の方から習った獅子楽披露がありました。
篠笛や太鼓の音に合わせて獅子が舞います。
その後に地域の大人がさらに大きな重たい獅子の面をかぶり、獅子舞を披露してくれました。
体育館には、地域の人はもちろん、市の教育委員会の教育長さんや市長さん、その他遠いところからも見学に来ている人で、体育館はいっぱいになりました。
その後、直会があり、秋季大祭は終わりました。
地域の行事と学校行事が一緒になって、毎年披露されているそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧